コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルター-スコットの家 ウォルタースコットのいえ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウォルタースコットのいえ【ウォルター-スコットの家】

イギリスのスコットランドの首都エディンバラ(Edinburgh)近郊、メルローズ(Melrose)にある、スコットランドを代表する作家・詩人のウォルター・スコット(Sir Walter Scott、1771~1832年)が晩年を過ごした家。スコットは1812年、メルローズ郊外のアボッツフォードに家を建て、ここで小説「ウェバリー」を執筆した。9000冊を超える稀少な蔵書を収蔵する図書館、書斎、応接間などがある。近くには、彼が埋葬されているドライバラ修道院がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android