コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルター-スコットの家 ウォルタースコットのいえ

1件 の用語解説(ウォルター-スコットの家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウォルタースコットのいえ【ウォルター-スコットの家】

イギリスのスコットランドの首都エディンバラ(Edinburgh)近郊、メルローズ(Melrose)にある、スコットランドを代表する作家・詩人のウォルター・スコット(Sir Walter Scott、1771~1832年)が晩年を過ごした家。スコットは1812年、メルローズ郊外のアボッツフォードに家を建て、ここで小説「ウェバリー」を執筆した。9000冊を超える稀少な蔵書を収蔵する図書館、書斎、応接間などがある。近くには、彼が埋葬されているドライバラ修道院がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォルター-スコットの家の関連キーワードスコットランドヤードエコセーズスコット記念碑ロイヤルマイルスコットランド室内管弦楽団エディンバラ祭りエディンバラミリタリータトゥースコットランド風エディンバラの旧市街と新市街

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone