ウォルフ転位(読み)ウォルフてんい(英語表記)Wolff rearrangement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジアゾケトン R・COCHN2 を熱,光,金属触媒などの作用でケテン RCH=C=O に転位させる反応。アルコールまたはアミンが存在すると RCH2・CO・OR' または RCH2・CO・NHR' などのカルボン酸誘導体を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android