コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォータフォールモデル うぉーたふぉーるもでる

1件 の用語解説(ウォータフォールモデルの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ウォータフォールモデル

システム開発の技法のひとつで、滝の水が上から下に落ちるように、上位の工程から順にシステムを開発する技法のこと。各工程が終了したら次の工程に進み、原則として途中で工程をさかのぼることはない。システムの全容が早い段階で明確にできるという長所があるが、ユーザーの要望を完全に取り込めずに工程を逆戻りし、期間と費用が多くかかってしまうこともある。大規模なシステム開発に向いており、もっともよく利用されている技法である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォータフォールモデルの関連キーワード販売情報システム

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone