コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウジュル Uzhur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウジュル
Uzhur

ロシア中東部,東シベリア,クラスノヤルスク地方の都市。クラスノヤルスクの西南西約 200kmにある。農業地帯の中心地で,食肉コンビナートがある。 1953年市となった。アチンスクとアバカンを結ぶ鉄道が通る。付近に保養地オゼロウチュムや霞石の産地がある。人口約2万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウジュルの関連キーワードオーストラリア・ニュージーランド文学ヌナクル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android