コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霞石 かすみいし nepheline; nephelite

4件 の用語解説(霞石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霞石
かすみいし
nepheline; nephelite

準長石類。 NaAlSiO4 。少量のカリウムカルシウムなどを含む灰白色柱状の六方晶系の鉱物。比重 2.6 ,硬度 5.5~6 。多くは塊状で産出する。比較的二酸化ケイ素に乏しく,アルカリに富むマグマまたは同様の化学的条件下での特殊な交代変成作用のときにだけできる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かすみ‐いし【×霞石】

ナトリウムアルミニウムを含む珪酸塩(けいさんえん)鉱物の一。無色、白色または灰色の短柱状結晶。六方晶系。酸に浸すと曇りを生じるところからの名。アルカリ岩に特有の鉱物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かすみいし【霞石】

ナトリウムのアルミノケイ酸塩鉱物の一。六方晶系。無色ないし灰白色で、ガラス光沢がある。アルカリ岩中に産し、ガラスや窯業の原料とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霞石
かすみいし
nepheline

アルカリ火成岩、霞岩、霞石閃長(せんちょう)岩、またとくに霞石玄武岩中に産する鉱物。この場合の霞岩はほとんど霞石と輝石からなり、少量の黄長石などを伴う火山岩ないし半深成岩。霞石閃長岩は霞石、アルカリ長石、アルカリ角閃石、エジリン輝石などからなる深成岩。また霞石玄武岩は、霞石、灰曹(かいそう)長石、輝石、橄欖(かんらん)石のほか、白榴(はくりゅう)石、黄長石、アルカリ長石などから成り立っている。日本では島根県浜田市長浜の霞石玄武岩中、玄武岩中の捕獲岩(ゼノリス)中、スカルン中に少量産する。そのほか、特殊な片麻岩中にも産する。長石と比較して劈開(へきかい)に乏しい。この鉱物を酸に浸すと曇りがかかったようになるところから、「曇り」を意味するギリシア語から命名された。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霞石の関連キーワード造岩鉱物無色鉱物有色鉱物アンプテク岩正長石閃長岩正長石斑岩カウアイ岩ロングストック岩最少量の法則準長石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone