コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霞石 かすみいしnepheline; nephelite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霞石
かすみいし
nepheline; nephelite

準長石類。 NaAlSiO4 。少量のカリウム,カルシウムなどを含む灰白色柱状の六方晶系の鉱物。比重 2.6 ,硬度 5.5~6 。多くは塊状で産出する。比較的二酸化ケイ素に乏しく,アルカリに富むマグマまたは同様の化学的条件下での特殊な交代変成作用のときにだけできる。霞石と曹長石の中間の組成のものに翡翠 (ひすい) があり,日本では島根県浜田市長浜の霞石玄武岩中のものが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かすみいし【霞石】

ナトリウムのアルミノケイ酸塩鉱物の一。六方晶系。無色ないし灰白色で、ガラス光沢がある。アルカリ岩中に産し、ガラスや窯業の原料とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霞石
かすみいし
nepheline

アルカリ火成岩、霞岩、霞石閃長(せんちょう)岩、またとくに霞石玄武岩中に産する鉱物。この場合の霞岩はほとんど霞石と輝石からなり、少量の黄長石などを伴う火山岩ないし半深成岩。霞石閃長岩は霞石、アルカリ長石、アルカリ角閃石、エジリン輝石などからなる深成岩。また霞石玄武岩は、霞石、灰曹(かいそう)長石、輝石、橄欖(かんらん)石のほか、白榴(はくりゅう)石、黄長石、アルカリ長石などから成り立っている。日本では島根県浜田市長浜の霞石玄武岩中、玄武岩中の捕獲岩(ゼノリス)中、スカルン中に少量産する。そのほか、特殊な片麻岩中にも産する。長石と比較して劈開(へきかい)に乏しい。この鉱物を酸に浸すと曇りがかかったようになるところから、「曇り」を意味するギリシア語から命名された。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

霞石の関連キーワードバート(Thomas Fredrik Weiby Barth)霞石(データノート)アルカリ橄欖石玄武岩島根県浜田市長浜町ケイ(珪)酸塩鉱物ギーセカイト斑岩エットリンゲン石アパチートゥイパイロファン石キーロフスク二酸化ケイ素ソーダライトペクトライトノルム分類法ペグマタイトモンマウス岩パイロクロアキンバレイ岩霞石閃長斑岩フォノライト

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android