コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウツボカビ(空穂黴) ウツボカビArcyria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウツボカビ(空穂黴)
ウツボカビ
Arcyria

変形菌類のアルキリア属につけられた和名。腐朽材などに発生する。日本産のものだけでも 17種記録されている。子実体は球形から長円筒形,その高さは通常 1.5~3mm,まれに 4mmほどに達するものがある。子実体は成熟時,上部の外皮がこわれて消失し,下部が杯状に残る。裸になった子実体は細かい網状の細毛体となり,その間に多数の胞子を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android