ウバイドゥッラー・アルマフディー(英語表記)`Ubaid Allah al-Mahdī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウバイドゥッラー・アルマフディー
`Ubaid Allah al-Mahdī

チュニジアに建国し,のちにエジプト,シリアを支配したファーティマ朝の創始者 (在位 909~934) 。シーア派の一分派イスマーイール派を奉じて,みずからムハンマドの娘ファーティマと第4代カリフ,アリーとの子孫であると称し,信者からはマフディー (救世主) とあがめられた。シリアからチュニジアに宣教に来て,ベルベル人ケターマ部族の支持を獲得して独立王朝を樹立し,バグダードアッバース朝に対抗してカリフの称号を用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android