コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウバイド遺跡(読み)ウバイドいせき(英語表記)al `Ubaid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウバイド遺跡
ウバイドいせき
al `Ubaid

イラク南部,ペルシア湾口付近にある金石併用時代から初期王朝時代遺跡。ウルの遺跡であるムカイヤルの西約 8kmにあり,1919年に C.L.ウーリーらがウル発掘に先立って調査した。テルは南北2つの丘から成り,北側にはウルのア・アンニ・パッダが建立したニン・フルサグ神殿址,南丘は多数の土壙墓から成る墳墓が認められた。主として後者から多数の彩文土器が採集され,いわゆるウバイド期の編年の標準となった。しかし南丘の発掘自体は,土壙墓の発掘と 40m× 7mのトレンチが掘られただけで,必ずしもその層位は明らかではない。今日では,隣接するエリドゥウルクの調査,あるいは北部メソポタミアにおけるガウラ,ハッスーナ,ハラフなどの遺跡との比較研究によって,南メソポタミアのシュメールの地ではウバイド,ウルク,ジェムデット・ナスルの各期を経て,前 2900年頃にシュメールの各都市国家 (初期王朝時代) が形成されたことがわかっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android