ウバンギ[川](読み)ウバンギ

世界大百科事典 第2版の解説

ウバンギ[川]【Oubangui(Ubangi) River】

アフリカ中部,コンゴ川の支流。長さ1160km。流域面積77万5000km2。コンゴ民主共和国(旧,ザイール)北東部に源を発して西流し(上流はボーム川とウェレ川の二大支流に分かれる),中央アフリカ共和国の首都バンギ付近から南流して,赤道のやや南でコンゴ川に合流する。ボーム川とウバンギ川中流は中央アフリカとコンゴ民主共和国の国境をなし,ウバンギ川下流はコンゴ共和国とコンゴ民主共和国の国境をなす。鉄道のない中央アフリカにとって,多くの支流を含めてウバンギ川は幹線交通路の役割を担っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウバンギ[川]の言及

【コンゴ[川]】より

…ここからコンゴ川と呼ばれるようになり,西,南西と弧を描き,スタンリー・プールと呼ぶ滞水部に入る。この間,左岸にロマミ川,ルキ川,カサイ川,右岸にイトゥリ川,ウバンギ川,サンガ川などの大支流が注ぐ。スタンリー・プール岸にはキンシャサとブラザビルの両首都が対置するが,ここからキサンガニまでの約1700kmの間の標高差はわずかに40m強で,川幅も広く,古くから重要な交通路として利用されてきた。…

※「ウバンギ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android