ウフタ(英語表記)Ukhta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウフタ
Ukhta

ロシア北西部,コミ共和国の都市。共和国首都スイクトゥイフカルの北東約 260kmにあり,ペチョラ川水系に属するウフタ川にのぞむ。 1931年地元の石油天然ガスの開発に伴って集落ができ,43年市となった。金属加工,建設資材,石油化学などの工業がある。工科,石油,林学,鉄道の各大学がある。コトラスとボルクタを結ぶ鉄道が通る。人口 11万 2100 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報