コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウフタ ウフタUkhta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウフタ
Ukhta

ロシア北西部,コミ共和国の都市。共和国首都スイクトゥイフカルの北東約 260kmにあり,ペチョラ川水系に属するウフタ川にのぞむ。 1931年地元の石油天然ガスの開発に伴って集落ができ,43年市となった。金属加工,建設資材,石油化学などの工業がある。工科,石油,林学,鉄道の各大学がある。コトラスとボルクタを結ぶ鉄道が通る。人口 11万 2100 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウフタの関連キーワードモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調/piano soloアウフタクト[auftakt(独)]ペチョラ[川]アウフタクトアルマンドブレーブーレ弱拍

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android