コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミアメンボ ウミアメンボ

2件 の用語解説(ウミアメンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミアメンボ
ウミアメンボ

アメンボ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミアメンボ
うみあめんぼ / 海水黽
sea skater

昆虫綱半翅(はんし)目アメンボ科のうち海に生息する種類の総称、またはそのなかの1種名。体長は3~5ミリメートルぐらい。胸部は大きく発達するが、体は短く、とくに腹部が短小。脚(あし)は非常に長い。日本からは2属6種が知られ、すべて無翅(むし)型で、有翅型は発見されていない。河口近くや入り江など沿岸地帯でみつかる種は、ウミアメンボ、シロウミアメンボ、シオアメンボである。ときに陸地から500キロメートルも離れた大洋上で発見される遠洋性の種は、センタウミアメンボ、コガタウミアメンボである。また、ツヤウミアメンボはもっとも広く分布し、太平洋、大西洋、インド洋の熱帯、亜熱帯圏に生息する。これら生息場所の違いは形態にもみられ、中脚の遊泳毛は、遠洋性の種において、より長く発達する。海面上に落ちた昆虫類や小動物から体液を吸収する。ウミアメンボHalobates japonicaは、体長が約5ミリメートルで、相模(さがみ)湾以南の太平洋沿いに、沖縄県西表(いりおもて)島の海岸まで分布する。[立川周二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone