ウミウサギ(英語表記)Ovula ovum; egg cowry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミウサギ
Ovula ovum; egg cowry

軟体動物門腹足綱ウミウサギ科。高 10cm,殻径 6cm。殻は卵形。殻表は雪白色,平滑で光沢があり,陶器のように見える。内巻きで,普通の巻貝のような螺層は見えない。殻口は細長く,殻口内は濃紫褐色。外唇は厚くなり,内方へ曲り,殻口をせばめている。軟体の外套は黒色地に小さい白色斑があり,左右から伸び出て殻の全体をおおっている。紀伊半島以南の太平洋,インド洋に分布し,浅海サンゴ礁にすみ,軟サンゴ類を食べる。殻は貝細工に用い,南太平洋諸島では先住民首飾りなど装身品としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android