コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミウサギ ウミウサギOvula ovum; egg cowry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミウサギ
Ovula ovum; egg cowry

軟体動物門腹足綱ウミウサギ科。高 10cm,殻径 6cm。殻は卵形。殻表は雪白色,平滑で光沢があり,陶器のように見える。内巻きで,普通の巻貝のような螺層は見えない。殻口は細長く,殻口内は濃紫褐色。外唇は厚くなり,内方へ曲り,殻口をせばめている。軟体の外套は黒色地に小さい白色斑があり,左右から伸び出て殻の全体をおおっている。紀伊半島以南の太平洋,インド洋に分布し,浅海サンゴ礁にすみ,軟サンゴ類を食べる。殻は貝細工に用い,南太平洋諸島では先住民首飾りなど装身品としている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウミウサギの関連キーワードヒガイ(巻き貝)ウミウサギガイツグチガイ雛小玉兔点六毛彫津口貝海兎貝海兔貝ヒガイ梭貝杼貝海兔

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android