コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウメノハナガイ Pillucina pisidium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウメノハナガイ
Pillucina pisidium

軟体動物門二枚貝綱ツキガイ科。長 6.5mm,殻高 6mm,殻径 5mmの小型種。殻は球状でやや堅固。殻表は白色または淡黄色で,殻頂より腹縁へ分枝状の肋があり,前後部ほど明らかである。殻内面も白色で,外套線は彎入せず,腹縁は細かく刻まれる。北海道南部から沖縄までに分布し,内湾の細砂底に普通にみられる。卵は球状の卵嚢に入れて産む。アラウメノハナガイ P.yamakawaiは本種に似るが,殻表の放射肋は前後に分枝状にならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウメノハナガイ
うめのはながい / 梅の花貝
[学]Pillucina pisidium

軟体動物門二枚貝綱ツキガイ科の二枚貝。北海道から沖縄まで分布し、内湾の潮間帯の細砂泥底にすみ、アマモの間にも多くみられる。小形種で、殻長、殻高とも6ミリメートルぐらい、殻幅5ミリメートルにすぎない亜球状である。殻表は白いが、ときに多少黄色がかっている。前後両側へ「ハ」の字形に分岐する強い放射肋(ろく)があるが、中央部には弱いものしかない。生きているときは前縁中央が褐色に汚れている。卵は卵嚢(らんのう)に入れて産む。外洋にすむ近似種アラウメノハナガイP. yamakawaiは殻表の放射肋が分岐状にならないので区別がつく。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android