コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウメノハナガイ ウメノハナガイ Pillucina pisidium

2件 の用語解説(ウメノハナガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウメノハナガイ
ウメノハナガイ
Pillucina pisidium

軟体動物門二枚貝綱ツキガイ科。殻長 6.5mm,殻高 6mm,殻径 5mmの小型種。殻は球状でやや堅固。殻表は白色または淡黄色で,殻頂より腹縁へ分枝状の肋があり,前後部ほど明らかである。殻内面も白色で,外套線は彎入せず,腹縁は細かく刻まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウメノハナガイ
うめのはながい / 梅の花貝
[学]Pillucina pisidium

軟体動物門二枚貝綱ツキガイ科の二枚貝。北海道から沖縄まで分布し、内湾の潮間帯の細砂泥底にすみ、アマモの間にも多くみられる。小形種で、殻長、殻高とも6ミリメートルぐらい、殻幅5ミリメートルにすぎない亜球状である。殻表は白いが、ときに多少黄色がかっている。前後両側へ「ハ」の字形に分岐する強い放射肋(ろく)があるが、中央部には弱いものしかない。生きているときは前縁中央が褐色に汚れている。卵は卵嚢(らんのう)に入れて産む。外洋にすむ近似種アラウメノハナガイP. yamakawaiは殻表の放射肋が分岐状にならないので区別がつく。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウメノハナガイの関連キーワードイガイ二枚貝類梅の花貝錦貝二枚貝紫貝揚巻貝月貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone