ウラン・カルテル(英語表記)uranium cartel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラン・カルテル
uranium cartel

ウラン輸出国機構 Association of Uranium Exporting Countriesとも呼ばれる。一般的にはウラン生産国ないしウラン生産の巨大企業が結成するカルテルであるが,具体的には 1972年にアメリカ以外の主要ウラン生産国であるカナダ,オーストラリア,フランス,南アフリカ共和国の4ヵ国が参加した秘密国際ウラン・カルテルをいう。アメリカのウラン輸入制限政策によって暴落したウラン価格を引上げ,市場の調整,割当てを行うために秘密協定を結んだもので,77年6月にアメリカ下院商業委員会の監視査察小委員会で協定文書が公表されて明らかとなった。 (→生産国カルテル )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android