コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルトラマリンブルー ultramarine blue

1件 の用語解説(ウルトラマリンブルーの意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

ウルトラマリンブルー【ultramarine blue】

色名の一つ。略してウルトラマリンともいう。JISの色彩規格では「こいみの」としている。一般に、鉱物性顔料であり、宝石でもあるラピスラズリのような鮮やかな青色をさす。ウルトラマリンとはヨーロッパの外から海を越えてやってきたという意味。貴重で高価な顔料による色であった。原料となる鉱物はラズライト(lazurite)。日本では青金せいきんという。19世紀からは人工的に製造できるようになった。また、ラピスラズリは宝石の瑠璃を意味し、仏教でいう七宝の一つ。日本でも古くから知られていた。ウルトラマリンブルーの和名は瑠璃色。JISの文章表現は「こい紫みの青」でウルトラマリンブルーと同じだが、色を数値で表した場合はウルトラマリンブルーよりも少し青みが濃い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルトラマリンブルーの関連キーワードウルトラマリンウルトラマラソンウルトラチアミンウルトラマイクロスコープトランスケトラーゼバリントランスアミナーゼ欠損ウルトラマフィック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルトラマリンブルーの関連情報