コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルドゥー文学 ウルドゥーぶんがくUrdu literature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルドゥー文学
ウルドゥーぶんがく
Urdu literature

ウルドゥー語を媒体とし,イスラム諸王朝の版図の拡大とともに発達したインド・イスラム教徒共通の文学。 18世紀から 19世紀前半にかけては,ウルドゥー古典詩の最盛期で,散文文学は 19世紀から盛んになった。インド諸文学で進歩主義文学運動を推進したインド進歩主義作家協会 (1935年ロンドンで設立,翌 36年ラクナウで第1回年次大会) はウルドゥー語作家を中心として設立された。 1947年インド,パキスタン分割独立後,ウルドゥー文学の中心はデリー,ラクナウからパキスタンのカラチ,ラホールに移った。短編小説と抒情詩を含む詩が主流をなしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウルドゥー文学の言及

【インド文学】より

…古代・中古の文学はインド・アーリヤ語の文学であって,近世の文学もインド・ヨーロッパ語文学を主流とするが,便宜上ドラビダ文学もこれに含める。各時代を通じ文学の背景をなしている宗教思想は,主としてバラモン教ないしヒンドゥー教であるが,仏教やジャイナ教の宗教文学もあり,近世文学においてはヒンドゥー教のほかにイスラム教徒によるウルドゥー文学もある。
【古代文学(ベーダ文学)】
 前1500年ころイラン地方からインドの北西部に移住したアーリヤ人は,その素朴な詩情を自然賛美の抒情詩歌によって表現した。…

※「ウルドゥー文学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルドゥー文学の関連キーワードクリシャン・チャンダルインド・イスラム文化デリー(インド)アリーガル運動ウルドゥー語ダキニー語シャラルワリー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android