コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルバンバ川 ウルバンバがわRío Urubamba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルバンバ川
ウルバンバがわ
Río Urubamba

ペルー南部を流れる川。アマゾン川の源流の一つ。プノ県とクスコ県の県境付近のアンデス山脈中に源を発し,北西に約 700km流れたのち,アンデス東斜面でアプリマク川と合流し,ウカヤリ川となる。上流部はビルカノタ川と呼ばれ,シクアニ,ウルコス,ウルバンバなどの町を流れ,沿岸はインディオの農民が住む人口密集地帯となっている。ウルバンバの下流にあるトロントイ峡谷ではわずか 30kmの間に水位が 3400mから 2400mに急降下する。下流部沿岸は人口希薄地帯。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウルバンバ川の関連キーワードビルカノータ山脈アウサンガテ山サルカンタイ山マチュ・ピチュウルバンバ渓谷ペルークスコ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android