コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クスコ県 クスコCuzco

翻訳|Cuzco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クスコ〔県〕
クスコ
Cuzco

ペルー中南部内陸の県。県都クスコ。北部の人口希薄な熱帯雨林地帯と南部のアンデス山脈中の高原地帯から成る。高原上には万年雪や氷河におおわれた高峰がそびえ,アマゾン川水系のウルバンバ,アプリマク両川とその支流が深い谷を刻んでいる。インカ帝国の中心地であったところで,県内にはマチュピチュ遺跡をはじめとする多数のインカ遺跡がある。鉛,亜鉛などの採掘や水力発電が行われるが,住民の大半は農牧民で,標高の高いところでは穀物,ジャガイモ,やや低いところではサトウキビ,ワタ,コーヒー,カカオ,イネなどが栽培され,南部ではヒツジアルパカの飼育が広く行われる。集落はウルバンバ川上流部ビルカノタ川の河谷に集中。同河谷に沿って鉄道,道路が通り,アンデス東麓のアマゾン低地へ通じる道路が分岐する。面積7万 1892km2。人口 105万 6600 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クスコ県の関連キーワードマチュ・ピチュマチュピチュカタンガ銅山シクアニ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android