ウルル-カタ・ジュタ国立公園(読み)ウルルカタジュタこくりつこうえん

百科事典マイペディアの解説

ウルル-カタ・ジュタ国立公園【ウルルカタジュタこくりつこうえん】

オーストラリアの中央部,ノーザン・テリトリーの南西端の台地上に屹立するウルルとカタ・ジュタの2つの岩山を囲む国立公園。ウルルはエアーズ・ロックとも呼ばれ標高868mの世界最大の単体の岩山で,先住民アボリジニーの聖地でもある。この西方30kmにあるカタ・ジュタは標高1069mの36個の岩塊群。公園内には多くの動物,鳥類が生息している。1987年世界複合遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android