コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタ Katha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタ
Katha

ミャンマー北西部,カチン高原にあるザガイン管区,カタ郡の行政中心地。エイヤーワディ川西岸にあって,バモーマンダレー間の水上航路の中継地点。近辺にはウント,モーンアイン,カバなどの鉱山があり,金,銀,鉛などを産出。これらの鉱産物はウントから鉄道で運ばれるか,カタから水上輸送される。エイヤーワディ川流域ではイネ,タバコ,ワタ,茶などが栽培され,カタは物資の集散地。市中央部の商業地には,ビルマ人,中国人,インド人などが住み,近郊には,カチン族,シャン族,カドウ族が住む。市内には仏教寺院,モスク,刑務所,裁判所,電話局,郵便局,軍駐屯施設などがある。郡人口約8万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カタの関連キーワードモンポウ:歌と踊り 第9番/piano soloウルルウルルレオナルド・E. ヒルノーザン・テリトリーカタツムリ(蝸牛)エアーズ・ロックカタバチック風エアーズロック初期入力モードアボリジニー四葉酢漿草ヨーガ学派ピッカータカタ冷却力桔梗酸漿草カタ温度計合成変質帯サカタザメ大腸カタル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カタの関連情報