コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウレイン ureine

世界大百科事典 第2版の解説

ウレイン【ureine】

尿素(H2N)2COの水素原子をアルキル基Rで置換した化合物の総称で,アルキル尿素alkylureaともいう。イソシアン酸H-N=C=O,イソシアナートR-N=C=Oあるいは塩化カルバモイルR2NCOClに第一または第二アミンを作用させれば,(H2N)(RNH)CO,(RNH)2CO,(RNH)(R2N)COが得られ,ホスゲンCOCl2に第一あるいは第二アミンを作用させれば,(RNH)2COあるいは(R2N)2COが得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウレインの関連キーワード第二アミン肥料

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android