ウレンゴイ・ガス田(読み)ウレンゴイガスでん(英語表記)Urengoi

  • ウレンゴイ・ガス田 Urengoi

世界大百科事典 第2版の解説

ロシアの西シベリア低地北部(チュメニ地方),北極圏のすぐ南方に位置するガス田。1966年に発見され,西欧と結ぶパイプラインも完成し,ヨーロッパ大陸にガスを輸出している。可採埋蔵量は約9.5兆~10兆m3と推定されており,世界最大のガス田である。集ガス構造は,最大長200km,幅20~40kmという巨大なもので,白亜紀中期の厚いガス層が分布する。このガスは,根源岩の分解によるものだけでなく,メタン分解バクテリアによって生成された生物起源のものが含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウレンゴイ・ガス田の言及

【シベリア】より

…ヤクーチアのビリュイ川流域には総計13兆m3の天然ガスが埋蔵されていると推定されている。その後西シベリアのヤンブルグYamburg,ウレンゴイ(ウレンゴイ・ガス田)にも大量の天然ガス埋蔵が発見された。ウレンゴイの天然ガスはパイプラインによって84年1月1日からフランスに供給され始めた。…

【シベリア開発】より


[帝政時代]
 ロシアではすでに12~13世紀にノブゴロドの商人が,交易のためウラル山脈を越えて西シベリアに達した。16世紀の半ばになると,今度はモスクワの商人たちが毛皮を求めて,遠くエニセイ川の河口まで行った。1558年富裕な商人グリゴリー・ストロガノフはツァーリ,イワン4世から西シベリア開発の許可を得たが,そのねらいは毛皮をはじめとする魚,塩,銅,銀などの豊富なシベリアの資源であった。ストロガノフ家エルマークを長とするコサック隊をシベリア遠征に派遣したが,彼らは82年にシビル・ハーン国の本営を陥れ,次いでその主都カシリクKashlykを占領した。…

※「ウレンゴイ・ガス田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android