ウロコバト(読み)うろこばと(英語表記)speckled pigeon

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウロコバト
うろこばと / 鱗鳩
speckled pigeon
[学]Columba guinea

鳥綱ハト目ハト科の鳥。アフリカ中部のサバンナにすみ、森には入らない。全長は約37センチメートルあり、ハトとしては大形である。頭部、腰、下面は灰色、背と雨覆(あまおおい)は褐色で、雨覆の冬羽の先端には三角形の白い斑紋(はんもん)があり、鱗(うろこ)状にみえるので、この和名がある。目の周囲には羽毛がなく、赤い皮膚が裸出している。胸から頸(くび)にかけては、灰色と赤褐色の格子状の美しい模様がある。おもに地上で草の種子を採食し、樹上またはビルなどにも小枝や細根で巣をつくり、2卵を産む。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android