コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロダマヤドリ ウロダマヤドリChoristella vitrea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウロダマヤドリ
Choristella vitrea

軟体動物門腹足綱ウロダマヤドリ科。高 1.1cm,殻径 0.95cm。殻は薄く半透明白色,殻表は平滑で光沢がある。螺塔は円錐形で5階,螺管はよくふくらむ。殻口は円形で大きく,その縁は薄い。臍孔は小さく狭い。軟体は白色で,頭に触角はあるが眼を欠く。ふたは薄く,淡黄色で少旋型。雌雄異体で,雄の右の触角には繊毛の生えた溝があり,交接器として働くと考えられている。相模湾から九州西岸の水深 50~100mに分布し,ナヌカザメなどサメ類の卵嚢内にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android