ウンブリ人(読み)うんぶりじん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンブリ人
うんぶりじん
Umbriラテン語

紀元前一千年紀、イタリアのウンブリア地方を中心に住み、ウンブリ語を話した民族。ウンブリ語は、オスク語とともにイタリック語を構成するインド・ヨーロッパ語の一派で、グッビオ出土の7枚の青銅板に刻まれた銘文によって知られる。彼らはいくつかの都市を建て、統一国家は形成しなかった。初期にはエトルリア人やサビニ人と接し、前4世紀以降ローマ人と接触、前295年これに敗れ、同盟市戦争を機にローマ市民権を与えられた。[平田隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android