コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンム・アルカイワイン Umm al‐Qaywayn

1件 の用語解説(ウンム・アルカイワインの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウンム・アルカイワイン【Umm al‐Qaywayn】

アラブ首長国連邦の北部を占める,同連邦構成国の一つ。ウンム・アルガイワイン,ウンムルグワインなどとも表記する。英語ではUmm al‐Qaiwainとも。面積777km2,人口3万5000(1996)。主都はウンム・アルカイワイン。国名は〈力の母〉という意味をもつ。かつては天然の良港で,かなり繁栄したものと思われるが,現在では連邦中もっとも人口が少なく,出入国の人数も少ない。財政的にはアブ・ダビーに大きく依存している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone