コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウムアルカイワイン Umm al-Qaywayn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウムアルカイワイン
Umm al-Qaywayn

アラブ首長国連邦を構成する首長国の一つ。アラビア半島北東部から突出するオマーン半島の西部に位置し,北西はペルシア湾にのぞむ。首都ウムアルカイワインは,19世紀には海賊の港であり,そのためイギリスの介入を招き,条約を結んでイギリスの保護下にあった。 1971年連邦成立とともに,その構成国となった。産業は沿岸漁業が主で,社会基盤の整備も遅れている。連邦のなかでは小国で,面積 750km2。人口2万 7000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウムアルカイワインの関連キーワードアラブ首長国連邦(UAE)とドバイ