ウンム・シャイフ油田(読み)ウンムシャイフゆでん(英語表記)Umm Shaif

世界大百科事典 第2版の解説

ウンムシャイフゆでん【ウンム・シャイフ油田 Umm Shaif】

1958年にアラブ首長国連邦アブ・ダビーの沖合約140kmで発見された油田。62年に日産3万バレル弱で生産を開始。20km×15kmの典型的なドーム構造である。主要油層は深度約2700mのジュラ紀前期の石灰岩である。油層は孔隙率,浸透率とも良好で,ガスキャップ押しの排油機構によってある程度の高い回収率を期待することはできるが,これをさらに向上させるために水攻法を実施している。油質は比重37゜API,硫黄分1.38%である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android