コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウー・オッタマ U Ottama

世界大百科事典 第2版の解説

ウー・オッタマ【U Ottama】

1880‐1939
ミャンマーの僧侶。イギリス官憲に弾圧されながらも,植民地解放を訴え続けた殉難者。アラカン地方シットゥエの出身。16歳で得度し,インド遊学,帰国後具足戒を受けて比丘となる。その後,インド,エジプト,フランス,日本等を歴訪し,1918年帰国。インド滞在中国民会議派の運動に触発され,帰国後ビルマ団体総評議会の政治運動を支援した。21年政府誹謗罪で逮捕,24年再逮捕された。27年出獄後,インド国民会議派のマドラス大会に出席。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android