コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウー・オッタマ U Ottama

1件 の用語解説(ウー・オッタマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウー・オッタマ【U Ottama】

1880‐1939
ミャンマーの僧侶。イギリス官憲に弾圧されながらも,植民地解放を訴え続けた殉難者。アラカン地方シットゥエの出身。16歳で得度し,インドに遊学,帰国後具足戒を受けて比丘となる。その後,インド,エジプトフランス,日本等を歴訪し,1918年帰国。インド滞在中国民会議派の運動に触発され,帰国後ビルマ団体総評議会の政治運動を支援した。21年政府誹謗罪で逮捕,24年再逮捕された。27年出獄後,インド国民会議派マドラス大会に出席。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ウー・オッタマの関連キーワード紙幣整理恐怖映画日活(株)ブラウンオランダ文学軍事技術緑簾石角閃岩相DA40電気事業岩崎弥太郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone