コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウアグリオス・ポンティコス Euagrios Pontikos

世界大百科事典 第2版の解説

エウアグリオス・ポンティコス【Euagrios Pontikos】

345か346‐399
キリスト教神学者。小アジアのポントス出身。コンスタンティノープルで聖職につき,381年の公会議に参加。のちエルサレムを経てエジプトに行き,終生砂漠で修道生活を続けた。多数の著作(一部現存)によって修道生活の理念を伝えた。ヒエロニムスによってオリゲネス主義の疑いをかけられ,6世紀以降オリゲネス主義者として弾劾されたが,近年では再評価の動きがでている。【森安 達也】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

エウアグリオス・ポンティコスの関連キーワード張駿百済(くだら 朝鮮)アクリジンアクリジンアクリジン修道院アクリジン(データノート)山北エウァグリウス・ポンティクス