コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウアグリオス・ポンティコス Euagrios Pontikos

1件 の用語解説(エウアグリオス・ポンティコスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エウアグリオス・ポンティコス【Euagrios Pontikos】

345か346‐399
キリスト教神学者。小アジアポントス出身。コンスタンティノープルで聖職につき,381年の公会議に参加。のちエルサレムを経てエジプトに行き,終生砂漠で修道生活を続けた。多数の著作(一部現存)によって修道生活の理念を伝えた。ヒエロニムスによってオリゲネス主義の疑いをかけられ,6世紀以降オリゲネス主義者として弾劾されたが,近年では再評価の動きがでている。【森安 達也

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エウアグリオス・ポンティコスの関連キーワードキリスト教綱要護教論実践神学神学校テルトゥリアヌスフィチーノキリスト教会耶蘇キリスト教徒菅円吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone