コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウセビオス[サモサタ] Eusebios of Samosata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウセビオス[サモサタ]
Eusebios of Samosata

[生]?
[没]379頃
聖人。神学者,サモサタの司教。大バシレイオスやナジアンズのグレゴリウスらの友人。初めアリウス主義,のちニカイア的正統派に立つ。ウァレンス帝によりトラキアに追放されたが帝の死後復職,不慮の死にいたるまでシリア教会のために尽す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エウセビオス[サモサタ]の関連キーワードサモサタ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android