コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシレイオス Basileios; Basil the Great

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシレイオス
Basileios; Basil the Great

[生]330頃.カッパドキア,カエサレア
[没]379.1.1. カッパドキア,カエサレア
聖人,教会博士,カッパドキアの3教父の一人。バシリウスあるいはバジリウスともいう。名門に生れ,姉は熱心なキリスト者マクリナ,弟は東方教会最大の神学者ニッサのグレゴリウス。カエサレア,コンスタンチノープル,アテネで最高の教育を受けて修辞学の教師となり,ナジアンズのグレゴリウスを知った。のち姉のすすめで修道生活に入り,シリア,エジプト,パレスチナなどを訪れ,ポントスのネオカエサレアに定住。修道院のために会則を書き,ナジアンズのグレゴリウスとともにオリゲネスの抜粋『フィロカリア』を作成した。カエサレアの司教エウセビオスに招かれて,カエサレアの司教となり,アリウス派に対抗し徹底して正統信仰擁護の立場を貫くかたわら,貧民や病人の救済に尽した。著作『聖霊論』 De spiritu sancto,『エウノミス駁論』 Adversus Eunomium。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バシレイオス

ギリシア教父,聖人,カエサリア主教。ラテン名バシリウスBasilius。弟ニュッサのグレゴリオス,ナジアンゾスのグレゴリオスの並ぶ〈カッパドキア三星〉の一人。〈大バシレイオス〉と尊称され,〈修道生活の父〉と呼ばれる。
→関連項目カッパドキア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バシレイオス
ばしれいおす
Basileios
(330ころ―379)

4世紀のギリシア教父。聖性のほとばしり出た「教父の黄金時代」を担う。大バシレイオスとよばれ、また、ナジアンゾスのグレゴリオス、弟のニッサのグレゴリオスとともに「カッパドキアの三つの光(カッパドキア三教父)」とたたえられる。小アジア東部カッパドキアの町カエサレアの由緒あるキリスト教徒の家柄に生まれた。コンスタンティノープル、アテネに遊学してギリシア古典の豊かな教養を積んだが、やがて、聖者たる姉マクリナMacrina(330ころ―379)の感化もあずかって修道に志す。シリア、エジプトの隠修士の下で禁欲的修行を行ったのち、故郷のネオカエサレアで修道院を組織。このとき、後世にまで範となった「修道規則」を共住修道士のために作成し、「修道院制の父」となる。また、ナジアンゾスのグレゴリオスとともに、オリゲネスの著作からの抜粋『フィロカリア』Philokaliaを編んだ。エウセビオス(エウセビウス)の要請でカエサレアの司祭にあげられ、その死後、主教となる。総じてクレメンス、オリゲネスの学統の継承展開として、ギリシア古典の受容に積極的姿勢を示しつつ、異端のアリウス派に対する論陣を張り、三位(さんみ)一体の正統教義の確立に尽くした。同時に、司牧、福祉、典礼の制定などの実践的活動に多大の足跡を残し、東方教会の伝統の礎(いしずえ)となった。著作に『エウノミオス駁論(ばくろん)Adversus Eunominium、『聖霊について』De Spiritu Sanctoのほか、多数の説教、300通以上の珠玉の書簡が残されている。[谷隆一郎]
『W・イェーガー著、野町啓訳『初期キリスト教とパイディア』(1964・筑摩書房) ▽アダルベール・アマン著、家入敏光訳『教父たち』(1972・エンデルレ書店) ▽J. Quasten Patrology (1975, Spectrum, Utrecht, Antwerp) ▽B. Altaner Patrologie (1978, Herder, Freiburg, Basel, Wien)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バシレイオスの関連キーワードグレゴリオス(ナジアンゾスのグレゴリオス)グレゴリオス(ニッサのグレゴリオス)バシレイオス[カッパドキアの]グレゴリオス[ナジアンゾスの]グレゴリオス(ナジアンゾスの)コンスタンティノス(8世)グレゴリウス[ナジアンズ]グレゴリオス(ニュッサの)グレゴリオス[ニュッサの]コンスタンチノープル公会議コンスタンティノス(7世)エウセビオス[サモサタ]ヨハネス・クリソストモスギリシア哲学史(年表)グレゴリウス[ニッサ]ストゥディオス修道院バシリウス(1世)バシリウス(2世)ビザンティン帝国ビザンティン文学

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android