コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリウス[ナジアンズ] Gregorius of Nazianzus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス[ナジアンズ]
Gregorius of Nazianzus

[生]330頃.カッパドキア,ナジアンズ近郊
[没]389頃.カッパドキア,ナジアンズ近郊
聖人。東方の四大博士,カッパドキアの3教父の一人。バシレイオスの学友。司教であった父を助けるため 361年頃司祭となり,名説教家として父の教区ナジアンズで信徒を指導した。 378年頃コンスタンチノープルに召されて同地の正統教会を再建,その司教となったが,辞して帰郷した。アリウス主義を反駁,ニカイア的信仰表明の確立に尽力,アポリナリウス派に対してはキリストの人性を擁護した。祝日1月 25日,5月9日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グレゴリウス[ナジアンズ]の関連キーワードライブビューアレクサンドリア[古代]Live MOSセンサーアケメネス朝イスタンブールギリシア美術ダレイオス3世フィロタスエアバスギリシア美術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android