コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリウス[ナジアンズ] グレゴリウスナジアンズGregorius of Nazianzus

1件 の用語解説(グレゴリウス[ナジアンズ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス[ナジアンズ]
グレゴリウスナジアンズ
Gregorius of Nazianzus

[生]330頃.カッパドキア,ナジアンズ近郊
[没]389頃.カッパドキア,ナジアンズ近郊
聖人。東方の四大博士,カッパドキアの3教父の一人。バシレイオスの学友。司教であった父を助けるため 361年頃司祭となり,名説教家として父の教区ナジアンズで信徒を指導した。 378年頃コンスタンチノープルに召されて同地の正統教会を再建,その司教となったが,辞して帰郷した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グレゴリウス[ナジアンズ]の関連キーワードライブビューLive MOSセンサーギリシア美術取締役ケニアントロプス・プラティオプスシティ・フィールドTFT活動TABLE FOR TWOパイレーツ・オブ・カリビアンおおすみ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone