コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エキソサイトーシス

栄養・生化学辞典の解説

エキソサイトーシス

 開口分泌ともいう.小胞に隔離した固体や溶液を小胞と形質膜を融合させることによって内容物を細胞外へ出す作用.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エキソサイトーシス(exocytosis)

細胞が物質を細胞外に放出する過程の一つ。細胞内で合成された物質を含む小胞が細胞膜と融合したところに開口部が生じ、内容物を外部に放出する。開口分泌開口放出。→エンドサイトーシス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エキソサイトーシスの関連キーワードトランスサイトーシス能動輸送

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android