コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エキノスピラ echinospira larva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エキノスピラ
echinospira larva

軟体動物門腹足綱ベッコウタマガイ科の貝類のベリジャー幼生の名。殻は淡黄色,勾玉 (まがたま) 形で,殻高 0.4mm,殻径 0.2mm内外。殻の外側に透明な円盤状の副殻 accessory shellがあり,長径 2mm,短径 1.5mm内外で,その周縁には通常小さいとげの列がある。このためエキノスピラ (とげのある螺旋) の名がある。幼生の軟体は大きい泳翼 (面盤 velum) が頭の左右にあり,側方がくびれて4または6に分れている。なお,カツラガイ科やザクロガイ科の幼生も副殻を有するが,これは通常の殻のように巻いている。これらの幼生もエキノスピラということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android