コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリジャー ベリジャーveliger

4件 の用語解説(ベリジャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベリジャー
ベリジャー
veliger

軟体動物 (頭足類を除く) の発生上の一段階で,被面子 (幼生) ともいう。トロコフォラより進んだ段階の浮遊幼生で,背面に,腹足類では巻いた殻を,二枚貝類では2枚の殻 (原殻) をそれぞれもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベリジャー(veliger)

軟体動物二枚貝巻き貝幼生の一型。トロコフォラから変態し、頭部に繊毛をもつ面盤がある。背の殻腺から貝殻を分泌し、成長すると海底に移り、ふたたび変態して成体となる。ベリジャー幼生被面子幼生

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベリジャー

軟体動物の腹足類と斧足(ふそく)類のトロコフォラに続く幼生。体の後方には貝殻が生じ,口の前方にある面盤と呼ばれる繊毛のはえた翼状の部分を動かして餌をとったり移動したりする。
→関連項目ウミホオズキカキ(牡蠣)軟体動物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone