コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクマン境界層 Ekman boundary layer

2件 の用語解説(エクマン境界層の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

エクマン境界層【Ekman boundary layer】

接地層によって,地表面摩擦の影響が及ぶ範囲の大気相を指している.層の厚さは陸上では1000mほど,海上では数百mしかない.この層の内部における空気の水平方向の動きは,気圧傾度,摩擦力,コリオリの力などによって定まる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エクマン境界層の関連キーワード領域デバイ半径摩擦係数摩擦の法則表面差響き差響くハードグラウンド摩擦岩エクマン層

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone