コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクマン螺旋 Ekman spiral

2件 の用語解説(エクマン螺旋の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

エクマン螺旋【Ekman spiral】

エクマン境界層中に認められる,螺旋形をした風の高度分布をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海の事典の解説

エクマン螺旋

エクマンの吹送流は、北(南)半球で、表面で風向に対して、45度右(左)にずれ、深さと共に大きさを減じながら、さらに右へ右へ(左へ左へ)とずれてい く。この速度ベクトルの先端をつないで得られる螺旋をエクマンの螺旋という。地上付近の風あるいは海底近くの流れが摩擦層内で描く速度の鉛直分布の示す螺 旋も、同様の理論から導かれ、エクマンの螺旋と呼ばれる。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エクマン螺旋の関連キーワード沿岸湧昇吹送流湧昇流エクマン流摩擦深度エクマンの吹送流エクマン層エクマン輸送赤道湧昇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone