コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクマン螺旋 Ekman spiral

法則の辞典の解説

エクマン螺旋【Ekman spiral】

エクマン境界層中に認められる,螺旋形をした風の高度分布をいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

海の事典の解説

エクマン螺旋

エクマンの吹送流は、北(南)半球で、表面で風向に対して、45度右(左)にずれ、深さと共に大きさを減じながら、さらに右へ右へ(左へ左へ)とずれてい く。この速度ベクトルの先端をつないで得られる螺旋をエクマンの螺旋という。地上付近の風あるいは海底近くの流れが摩擦層内で描く速度の鉛直分布の示す螺 旋も、同様の理論から導かれ、エクマンの螺旋と呼ばれる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

エクマン螺旋の関連キーワードエクマンの吹送流エクマン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android