コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクマン螺旋 Ekman spiral

法則の辞典の解説

エクマン螺旋【Ekman spiral】

エクマン境界層中に認められる,螺旋形をした風の高度分布をいう.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

海の事典の解説

エクマン螺旋

エクマンの吹送流は、北(南)半球で、表面で風向に対して、45度右(左)にずれ、深さと共に大きさを減じながら、さらに右へ右へ(左へ左へ)とずれてい く。この速度ベクトルの先端をつないで得られる螺旋をエクマンの螺旋という。地上付近の風あるいは海底近くの流れが摩擦層内で描く速度の鉛直分布の示す螺 旋も、同様の理論から導かれ、エクマンの螺旋と呼ばれる。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone