コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エジプト・ガラス エジプト・ガラス Egyptian glass

1件 の用語解説(エジプト・ガラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エジプト・ガラス
エジプト・ガラス
Egyptian glass

古代エジプトで作られたガラス製品ガラス器は第 18王朝時代非常に発達したが,年代の明らかな最古の現存作品は前 1450年頃のもの。初期のガラスは有色不透明のソーダガラスで,技法として,(1) 溶解したガラス素地を紐状に延ばし,耐火粘土製の芯型に巻きつけて成形,徐冷し,芯型の粘土をくずして取去り中空の器に作るコア・テクニック技法,(2) 型の中に溶解ガラスを流し込む鋳造法,(3) 型に流し込んだガラスを凸型で押出して成形する型押し法,(4) 色ガラス片を並べて溶解するモザイク・ガラス法などが使われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エジプト・ガラスの関連キーワード薩摩ガラスパート・ド・ベールエジプト綿腰ガラスシリカガラスボヘミアガラス古代エジプト語明けがらす古代エジプト美術館ローマ・ガラス

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone