エスラージ(読み)えすらーじ(英語表記)esrj

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エスラージ
えすらーじ
esrj

バングラデシュおよびインドの西ベンガル地方の弓奏弦楽器。1本の木からつくられた共鳴胴の上は薄い皮で覆われ、指盤上には金属製の可動のフレットがある。弦は金属製で、旋律用に4本、ドローン(持続低音)用に2本、さらにその下に共鳴弦として11~17本が張られている。シタールの構造とサーランギの奏法を組み合わせたともいうべき楽器で、北インド一帯にあるディルルバとほぼ同種。独奏、伴奏に用いられ、職業音楽家だけでなく、家庭内でも親しまれている民衆的な楽器である。[川口明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android