コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーランギ sārangi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーランギ
sārangi

北インドの擦弦楽器。1本の木をくりぬいてつくり,羊皮が張られている。3~4本の演奏弦と,その下に 15~22本の共鳴弦をもつ。主要弦は最低音の1本,共鳴弦は真鍮弦で,他はガット弦である。駒は胴の中央にあり,その下に駒支えがある。弦の上を指で押えるのではなく,弦の脇を指で押して演奏する。独奏や歌や踊りの伴奏に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サーランギ(〈ヒンディー〉sarangi)

北インドの擦弦楽器全長約60センチ。箱状の胴に羊の皮を張り、主要演奏弦は4本で30~40本ほどの共鳴弦をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サーランギ【sāraṅgī】

北インドの擦弦さつげん楽器。三本の主弦と多くの共鳴弦から成り、人の声に最も近いという音色をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーランギ
さーらんぎ
sarangi

インドのリュート型弓奏楽器。各地域で多少形が異なるが、北インドの古典声楽や舞踊の伴奏に用いるものが代表的。全長約60~66センチメートル、一木製で、幅広い棹(さお)、羊の皮を張った厚い胴をもつ。主要弦は4本で、3本はガット、1本は金属製。各弦を主音、完全5度上、上の主音に調律し、第4弦はラーガ(旋法)によって定める。主要弦の下には、金属製の共鳴弦を30~40本張る。弓は馬の毛を使用。通常、あぐらをかき、左ももに楽器を立て、上部を左肩にもたせかけるように構える。左手の爪(つめ)で弦を横に押すように押さえ、右手で弓奏する。同系の民俗楽器にチカラ、サランガなどがある。南インドではバイオリンにとってかわられた。[柴田典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サーランギの関連キーワードヒンドゥスターニー音楽サーランギーインド音楽エスラージ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android