コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレット フレット fret

翻訳|fret

4件 の用語解説(フレットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フレット(fret)

リュートギターマンドリンなどの弦楽器で、指板の表面を区切る突起。弦を押さえる場所を示す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フレット【fret】

弦楽器の指板上を区切って付けられた突起状のもので,臨時の上駒の役目をする。指で弦をフレットに圧着させることにより,目的の音律に合わせた弦長になるように配置されている。同時にいくつかの弦を押さえる和声的な楽器に適用されている。材料には木,金属などが用いられ,固定してあるものと可動のものがある。ガット弦を巻いただけでフレットとする場合もある。リュートビオルギターマンドリンウクレレバンジョー,シタール,チター,琵琶など民族楽器に多く付けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フレット【fret】

弦楽器の指板に付いている、弦を押さえる場所を示す突起した線。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレット
ふれっと
fret英語
Bundドイツ語
fretteフランス語

弦鳴楽器の弦をくぎり、押弦の位置(勘所)を正確にするための装置。リュート属ではネック(棹(さお))の指板上に、チター属では胴の響板上に、弦を横切る方向に設けられている。ヨーロッパでは中世以後フレットが用いられ始め、初めはガット弦を1~2回巻き結んだだけの可動のものがリュートなどに使われた。その後、今日のギターやマンドリンのように、木や金属、象牙(ぞうげ)などの細長い小片を指板上に固定させるものも生まれた。一方、中東やアジアではすでに紀元前からフレットが使われており、今日でもインドのシタールのようにアーチ状の金属棒で棹を挟み込んだ可動式のものや、琵琶(びわ)の柱(じ)のように背の高い固定式のものなど、独特の発達をみせている。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレットの関連キーワード弦鳴楽器擦弦楽器撥弦楽器打って付け打弦楽器輪伐切図小弦取って付けたよう間仕切

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フレットの関連情報