コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレット fret

翻訳|fret

世界大百科事典 第2版の解説

フレット【fret】

弦楽器の指板上を区切って付けられた突起状のもので,臨時の上駒の役目をする。指で弦をフレットに圧着させることにより,目的の音律に合わせた弦長になるように配置されている。同時にいくつかの弦を押さえる和声的な楽器に適用されている。材料には木,金属などが用いられ,固定してあるものと可動のものがある。ガット弦を巻いただけでフレットとする場合もある。リュート,ビオル,ギター,マンドリン,ウクレレ,バンジョーシタールチター,琵琶など民族楽器に多く付けられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フレット【fret】

弦楽器の指板に付いている、弦を押さえる場所を示す突起した線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレット
ふれっと
fret英語
Bundドイツ語
fretteフランス語

弦鳴楽器の弦をくぎり、押弦の位置(勘所)を正確にするための装置。リュート属ではネック(棹(さお))の指板上に、チター属では胴の響板上に、弦を横切る方向に設けられている。ヨーロッパでは中世以後フレットが用いられ始め、初めはガット弦を1~2回巻き結んだだけの可動のものがリュートなどに使われた。その後、今日のギターやマンドリンのように、木や金属、象牙(ぞうげ)などの細長い小片を指板上に固定させるものも生まれた。一方、中東やアジアではすでに紀元前からフレットが使われており、今日でもインドのシタールのようにアーチ状の金属棒で棹を挟み込んだ可動式のものや、琵琶(びわ)の柱(じ)のように背の高い固定式のものなど、独特の発達をみせている。[川口明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フレットの関連キーワードイントネーション[intonation]/インフレクション[inflection]ハーモナイズド・チョーキング[harmonized bending]サイド・ポジション・マーク[side position mark]ハーモニクス奏法[harmonics playing]オープン・ポジション[open position]ハンマリング・オン[hammering on]ハイ・ポジション[high position]ロー・ポジション[low position]プリング・オフ[pulling off]カポタスト[capotasto(伊)]カッタウェイ[cutフレットレス[fretless]ダイアグラム[diagram]セーハ[ceja(西)]スケール [scale]チョップ[chop]ビオラ・ダモーレソリ[warp]アルペッジョーネコムンゴ(玄琴)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フレットの関連情報