エセルレッド[2世](読み)エセルレッド

百科事典マイペディアの解説

エセルレッド[2世]【エセルレッド】

イングランド,ウェセックス王家の王(在位978年−1016年)。兄エドワードが暗殺されたあとを受けて即位。しばしばデーン人侵入に悩まされ,多額の賠償金の支払いのために重税を課してうとまれた。〈怠慢王〉〈不決断王〉のあだ名がある。1013年デンマーク王スベン1世の侵略をうけて王妃の出身地ノルマンディーに逃亡し,翌年帰国したがまもなく死去

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エセルレッド[2世]【Ethelred II】

968?‐1016
ウェセックス王家のイングランド王。在位978‐1016年。エドガー王の子。異母兄エドワード殉教王が謀殺されたため即位(殺は彼の指図といわれる)。決断力を欠いたため〈怠慢王the Unready〉〈不決断王the Redeless〉とも呼ばれる。しばしばバイキングの大規模な侵入を受け,そのつど巨額の宥和金(デーンゲルド)を支払って平和を購い,その重税により国民を苦しめた。1013年デンマーク王スベン1世が侵入した時には,国土人民をすてての出身地ノルマンディーに亡命

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエセルレッド[2世]の言及

【デーン人】より

…10世紀に入り,イングランド諸王は反撃を開始し,同世紀半ばころまでにはデーンロー地方を服属させたが,同世紀末には再び北欧からの大規模な侵入が再開され,デーンローのデーン人もこれに呼応して立ち上がった。イングランド王エセルレッド2世はその攻撃をかわすため,デーンゲルドという税を徴収して彼らに与えて平和をあがなったが,1016年デンマーク王子クヌットはついにイングランドを征服して王となり,デーン朝を開いた。彼はまもなくデンマーク王となり,ノルウェー王をも兼ね,スウェーデンの一部をも支配する北海帝国を建設したが,このころがデーン人の活動の最盛期であった。…

※「エセルレッド[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android