エディルネ事件(読み)エディルネじけん(英語表記)Edirne vak`asi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エディルネ事件
エディルネじけん
Edirne vak`asi

オスマン帝国のセリム3世が創設したヨーロッパ式新軍団 (→ニザーミ・ジェディード ) のルメリアへの進駐に反対するルメリアのアーヤーンが,1806年エディルネに集結して,この軍団を解体に追込んだ事件。この結果,セリム3世は改革政治に失敗して廃位され,のち暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android