エディンバラ国際フェスティバル

デジタル大辞泉プラスの解説

エディンバラ国際フェスティバル

スコットランドの首都エディンバラで夏に開催される音楽、舞台芸術のフェスティバル。二次大戦後間もない1947年にルドルフ・ビングらが中心となり設立。世界最大規模の総合舞台芸術祭で、著名なオーケストラや、オペラや演劇、コンテンポラリーダンスなどのパフォーミング・アートの第一人者が世界から集い、公演を行う。会場はアッシャー・ホール、キングス・ホールなど。フェスティバルの期間中には映画祭も開催され、市内の路上でも大道芸人がさまざまなパフォーマンスを披露するなど、町中が祭の雰囲気に包まれる。エディンバラ城内で行われる「ミリタリー・タトゥー」(軍楽隊による分列行進のショー)が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android