コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エデサ Édhessa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エデサ
Édhessa

古代名アイガイ Aigai。ギリシア北部,マケドニア地方西部の都市。セサロニキの西北西約 80km,ルディアス川河谷にのぞむ急崖地に位置する。古代マケドニア王国初期の首都で,前5世紀末アルケラオス王が東のペラへ遷都したのちも,王家の祭儀の中心地であった。ローマ時代にはエーゲ海とアドリア海を結ぶエグナチア街道にのぞむ町として発展。 15世紀から 1912年までトルコ領。現在,農業地帯における商業中心地で,絨毯の製造も盛ん。セサロニキと鉄道で結ばれ,セサロニキとマケドニア共和国のビトラを結ぶ幹線道路に沿う。人口1万 7624 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エデサの関連キーワードエゲの古代遺跡〈現在名ヴェルギナ〉エーゲ海エデッサ多島海

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android