エドフ(英語表記)Edfu

デジタル大辞泉「エドフ」の解説

エドフ(Edfu)

エジプト、ナイル川中流西岸の町。ルクソールアスワンの中間に位置する。古代ギリシャ‐ローマ時代に上エジプトの州都として栄えた。古代ギリシャ時代の名称はアポリノポリスたかの姿をした太陽・天空の神ホルスを祭るホルス神殿があることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「エドフ」の解説

エドフ

エジプト,カイロ南方,ナイル川西岸の都市遺跡。ホルス神をまつった神殿で知られる。同神殿は,前237年プトレマイオス3世によって着工され,前57年プトレマイオス13世の治下完成。王朝時代末期の典型的神殿で,保存状態が完全に近いので有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のエドフの言及

【図書館】より

… ギリシアを含む地中海沿岸の古代の書字記録はパピルスによった。古代エジプトのエドフには太陽神ホルスの神殿内に〈パピルスの家〉と称される図書館があった。石に刻まれた目録から,そのコレクションの内容が天文学,占星術,宗教などに関するものであったことがわかる。…

※「エドフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android