エドワード・ムーア ケネディ(英語表記)Edward Moore Kennedy

20世紀西洋人名事典の解説

エドワード・ムーア ケネディ
Edward Moore Kennedy


1932.2.22 -
米国の弁護士,政治家。
米国上院議員。
ボストン生まれ。
ハ-バ-ド大学(法律),バ-ジニア大学大学院(法律)卒。
愛称テッド。
ジョン・ケネディ、ロバート・ケネディの弟である。マサチューセッツ州郡検事補を経て1962年米国民主党上院議員に当選。’79年上院司法委員長に就任、’80年の大統領選挙で、カーターと民主党内の指名を争い敗れた。’82年からは核凍結運動の推進者として有名である。自動車事故で女性秘書を水死させた「チャパキディック事件」(’69年)や離婚問題などで’84年の大統領選挙への出馬を取りやめた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android