コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピクロス学派 エピクロスがくは

大辞林 第三版の解説

エピクロスがくは【エピクロス学派】

エピクロスの哲学論を奉じる学派。アポロドロス、ローマ時代のルクレティウスなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エピクロス学派
えぴくろすがくは
Epikoureioiギリシア語
epicurean school英語

古代ギリシアの哲学者エピクロスの説を奉じた一学派。彼の生前、すでにこの学派は一つの学問・修道的共同体として成立していた。この共同体は、成員各自の分に応じた喜捨によって維持され、婦人や奴隷にも広く門戸を開放した。弟子たちは師の主要教説を聖務日祷(にっとう)的抜粋によって記憶し、深い友情のなかで日々倫理的向上に励んだ。エピクロスの死後、この学派は約600年間続いたが、その間、師の学説に大幅な変更もしくは発展を加えた者はいない。紀元前2世紀には師の主要教説のテキストや書簡集が編まれたが、前1世紀の前半にルクレティウス(前94?―前55?)が『物の本質について』という一書によって、エピクロスの原子論と倫理学説を詳細に祖述したことが、この間における最大のできごとである。ヘレニズム時代にはストア学派と拮抗(きっこう)する勢力を保ったこの学派も、ローマ帝政期以降、その非社会的姿勢によってしだいに勢力を失い、古代末期にはキリスト教の増大によって圧迫され、ついに死滅した。[岩田靖夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エピクロス学派の関連キーワードギリシア哲学史(年表)総合年表(ヨーロッパ)小ソクラテス学派ルクレティウスウェルギリウスヘレニズム思想原子論的国家観エピキュリアンアポロドロスギリシャ哲学キュレネ学派アタラクシアキレネ学派ラテン文学快楽主義宗教哲学自然哲学利己主義原子論倫理学

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android