光一(読み)ぴかいち

精選版 日本国語大辞典「光一」の解説

ぴか‐いち【光一】

〘名〙
① 花合の手役の一つ。七枚の手札の中で一枚だけが光物(ひかりもの)(=二〇点札)で、残りの六枚が滓札(かすふだ)か柳(雨)の札であること。〔社交用語の字引(1925)〕
② 転じて、多数の同類の中でもっともすぐれていること。また、そのもの。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉焼土「ほかの調度とも全く不釣合なほど、ピカ一に光り耀いてゐる花櫚(くゎりん)の、〈略〉長火鉢

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「光一」の解説

ぴか‐いち【光一】

花札の手役で、初めに配られた手札7枚のうち光り物(20点札)が1枚で、あとが全部かす札であるもの。
1から》多くの中で際立ってすぐれていること。また、そのもの。「若手では光一の腕前」
[類語](2一番一等一級無上至上至高最高最上最良最善随一白眉はくびベストナンバーワントップ最も

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android